ダイハツ ミライース ミラココア初心者でも出来る値引き交渉術!

 

新車の値引き交渉が苦手な方や初めての方でも、ミライースとミラココアから値引きを引き出せる交渉術の入門編です。

 

簡単なので是非実践してみてください!

 

下取り車がある場合には、ディーラーの査定以外にも買取店での査定を受ける事をおすすめします。

買取店の相場を把握しておけば、ディーラー査定が適正かどうかの判断が出来ますし、査定額の上乗せの交渉もしやすいでしょう。

 

下取り車がある場合は、下取り車を最も高く売ろう!も合わせてご参考下さい。

 

 

ミライース、ミラココアから値引きを出すコツ

 

ミライース、ミラココアから値引きを引き出すコツは、ライバル車との競合です。

 

ライバル車のディーラーと商談をしてライバル車の値引きを聞いたら、その値引き条件を別のライバル車へぶつけます。

 

そうして出たライバル車の値引き条件を、ダイハツへぶつけるとミライース、ミラココアから値引きを引き出せます。

 

ミライースのライバル車は、「スズキ アルト」アルトのOEM車の「マツダ キャロル」、そしてミライースと中身が同じのOEM車「スバル プレオプラス」「トヨタ ピクシスエポック」の以上です。

 

ミラココアのライバル車は、「スズキ ラパン」「ホンダ NONE」などです。

 

以上のライバル車のディーラーと商談して、ライバル車の値引きを引き出してダイハツディーラーにぶつけましょう。

 

 

ライバル車のディーラーへ訪問

 

ライバル車の値引き条件をミライース、ミラココアにぶつけますが、ライバル車の値引き額は多ければ多いほど効果があります。

 

ライバル車の値引きを多くするには、ライバル車同士の競合が有効です。

 

例えば、アルトのスズキディーラーに行って、「車種は迷ってますが、本気で新車を購入するつもりなので目いっぱいの条件を出してください!」と言ってアルトの見積もりを依頼します。

 

1回目から目いっぱいの条件を出して来るディーラーは中々無いですが、それでもいくらかの値引きはしてくれるはずです。そのアルトの値引き条件を、今度はキャロルのマツダへぶつけます。

 

マツダで出た条件を、今度はスバルへぶつけると言った競合を繰り返せば、ライバル車から相応の値引きを引き出せるでしょう。

 

商談の際は、「ミライースも候補です」と付け加えると、さらに頑張ってくれるかもしれません。

 

ライバル車からの値引き条件が揃ったら、これをダイハツへぶつけて行きましょう。

 

 

予算を聞かれたら

 

ディーラーやセールスさんによっては、「予算はおいくらですか?」などと聞かれる事があるかもしれません。

 

こちらの予算はいわば「契約する最終条件」です。契約と引き換えに購入予算を伝える時は、こちらが一番強気に出られる時です。

 

交渉の最終局面の場面まで、こちらの予算はディーラーに伝えないようにしましょう。もし聞かれたら「安いほど嬉しいです」などと言って上手くはぐらかしておきましょう。

 

 

ライバル車の条件をダイハツへぶつける

 

ライバル車の値引き条件が揃ったら、ミライース・ミラココアのダイハツディーラーへ値引き条件をぶつけて行きます。

 

「ミライースを買おうか考えていたが、アルトがこれだけ安いので迷っている」などと言ってアルトの値引き条件を伝えれば、ミライースから値引きを引き出すきっかけになります。

 

そしてダイハツディーラーからミライース・ミラココの値引き条件を引き出したら、今度は経営の異なるダイハツディーラーへその条件をぶつけます。

 

ここからは、「ライバル車VSミライース」から、「ミライースVSミライース」の競合に切り替えます

 

県によって異なりますが、同じ県内に経営が違うダイハツディーラーかあれば、経営の違うディーラー同士で競合させることが出来ます。

 

また県が違えば、経営する会社も基本違います。隣県のダイハツディーラーと地元のダイハツディーラーで競合させるといいでしょう。

 

こうして、ライバル車の値引き条件をダイハツへぶつけて、ミライース・ミラココアから値引きを引き出せたら、さらに別のダイハツへその値引き条件をぶつけます。

 

 

値引きと査定は分けて交渉

 

下取り車がある場合は、ミライース・ミラココアの値引き交渉と一緒に下取り額の上乗せも要求していきます。

 

その際は、値引き額と下取り車の査定金額は明確にして商談しましょう。

 

総額でコミコミの交渉になると、値引き額がいくらなのか?査定金額がいくらなのか?分かりません。

安くなったと思っても、「値引きはそこそこで下取り金額に多少上乗せされた程度だった」と言うケースがあります。

 

値引きと下取りは分けて交渉を進めた方が、最終的には値引きも査定額もトータルで多くなります。

 

 

ハンコを押す前の最後の一押し

 

ダイハツ同士の競合でミライース・ミラココアの値引きの上乗せに成功したら、いよいよ契約を条件にこちらの最終予算を伝えます。

 

その時は、「ちょっと無理かな?」と思う予算金額を伝えるといいでしょう。それまでの値引き金額にもよりますが、希望の予算よりも5万円~10万円位少なめに伝えます。

 

その条件が通ればもちろん決めていいですが、出来なかったりオプションサービスなど何らかの妥協案を提示して来る事があります。

 

それで納得しないで、今度は数万円程度のオプションサービスやオプションの割引きを要求してみましょう。

 

ハンコを押す直前なら、セールスさんも「もうここまで来たらやります!」と数万円のサービスなら通りやすいです(笑)。

 

最終的に納得できる条件になれば、ハンコを押してミライース・ミラココアの契約をしましょう。

 

 

下取り車がある場合は

 

下取り車がある場合は、最後の最後で査定額がさらにアップする可能性があります。その方法は下取り車を最も高く売ろう!で紹介していますので、合わせてご参考下さい。

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 ダイハツ ミライース購入サイト! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com