ミライースの口コミ・評価!ミライースのレビューを紹介

 

 

ミライースの口コミ、評判をまとめて紹介します!(現行モデル)

ミライースの口コミ 目次
ミライースの外装、スタイルについて ミライースの室内、収納等について
ミライースの走行性能について ミライースの乗り心地について
ミライースの燃費について ミライースの価格、値引きについて
ミライースの装備について ミライースの維持費について
メーカーのセールスポイント ミラのカタログ
あなたの愛車は今いくら? 自動車保険の節約

 

  ミライースの外装、スタイルについて

 

  • コスト優先の外観です。営業車向け
  • 普通です。価格からして多くを望むのは酷です。
  • 全体的なデザインは気に入ってます。テールランプが眩しいとの家族の意見もありますが、追突防止の意味から私は気に入ってます。
  • アルトだと明らかに女性向けって感じだけど、こちらは老若男女だれでも乗れるって感じのデザインだと思います。
  • 可もなく不可もなく
  •  

      ミライースの室内、収納等について

     

  • 室内は意外と広く、コンパクトカーと同等の広さは魅力的です。視点が高いので運転がしやすいです。
  • もう少しスペースが広いとよりいいかなと思います。
  • 安っぽさはありますが、これといった大きな不満は無いです。
  • 安っぽさは無いが、インテリアパネルの肉厚は薄く押すとペコペコするのは御愛嬌。エコ運転中はデジタルメーター内がグリーンに発光するのは良い。乗っていて自然とエコ運転が出来る。大きな欠点は小物入れが少ないこと。
  • デジタルメーターなどインパネ周りは、それなりに安っぽくならないような工夫が感じられます。
  • 内装がペラペラでドア周りの樹脂の柔らかいこと。あとダッシュ板がベージュなのでガラスに映り込みすぎで要対策。車中泊を何度もしているが当たり前だが厳しい。
  • エアコン操作の際にシフトレバーが邪魔。
  • 前席シートが最悪!室内空間を広く見せる為、座席が超小型です、対象身長は150cm以下だな^^
  • 可もなく不可もなく値段相応の素っ気ないインテリア
  • ダッシュボードが明るい色調なのは好みがどうこう以前に非常に危険。トンネル入り口で直射日光が当たったり、山道で木漏れ日が差し込むような状況だと前が全く見えなくなります。走行中に映り込みにより走行不能になり路肩に停車したことが一度ありすぐに黒のフェルトを貼りました。上位機種と統一してほしい。
  • 荷物を積むスペースがほとんどない。
  •  

      ミライースの走行性能について

     

  • 燃費が良く小回りがいいです。
  • ボディ小さく見切りが良いので初心者でも駐車しやすい。
  • 車両が軽いため以外に加速性能もあり、室内も思った以上に静粛性があります。
  • 足は割りとしっかりしている。特に山道ではロールする感は少なく安心してがっつり走れる。
  • 意外にしっかりとした走りができてターボ車ほどではないけど通勤や買い物には十分いいとおもいます。
  • 走りの面では坂道や高速道路では非力感は否めませんが街乗りメインなので十分と思っています。
  • 一般道には、十分、坂道などは、Sレンジで活発(Sレンジは、坂道などの為にある)
  • パワーはそこそこです、アクセルを踏み込み過ぎると燃費は悪くなります。
  • 低燃費エンジンですが、必要十分。トルクも細いし、アクセルの踏み方も変わるけど、飛ばす車ではないので、問題ありません。街乗りと高速もあまり飛ばさないのなら、これで十分。
  • 上り坂では急にパワー不足を感じます。価格や燃費重視のため仕方ないと思いますが、もう少しトルクが欲しいところです。
  • 走りは以前のムーヴよりは、車体が軽いので加速は良いかなぁ。坂道も少しアクセルを踏み込めば60㎞は出ます。全てに於いて想定内です。
  • 実家のインプレッサよりは出だしは良いですが、エアコンを点けると極端にパワーが落ちます。SレンジやBレンジを使うと坂道でもそれなりに登ってくれます。
  • 100㎞までは安定してますが、それ以上出すと車体が安定しなくなるのでおっかないです。
  • 高速道路で急な上り坂は要登坂車線。山道、高速ではレンジDもSも燃費大して変わらないのでSだと幾分まし。でもちょっとした上り坂ですぐに減速を始めるのでアクセルワークに神経がいる。(CVTの性能もある)エンジンとしては荷の重たいトラックを運転している気分。110km/hはそんなに苦じゃない。それ以上は唸るがエンジンとしての実用は平地125km/hまでかな。
  • アクセルを踏み込むとエンジン音がうるさい。スタート時や坂道を登るとき、高速走行時等結構気になる。
  • 加速が悪いです。信号待ちから発信するのにアクセルを結構踏まないとあまり加速してくれません。
  • パワー的には並程度なのでのんびり走る人向きと思います。
  • パワーが無いので上り坂に弱い
  • 非力だが車重が軽いので踏めばそこそこ走ってくれる。もともとパワーを求める車ではないので問題なし。ただし、7~8㎞に速度が落ちるとアイドリングストップする機能は邪魔。住宅街では煩わしすぎる。
  •  

      ミライースの乗り心地について

     

  • 乗り心地は固いです。タイヤの空気圧が高いせいもあるかもしれませんが、ちょっとした凹凸や橋の継ぎ目などを走ると結構衝撃がきます。あと、シートが身体をあまりホールドしてくれないので、長距離を走ると疲れます。
  • 先日ミライースで福島に旅行に行ったのですが、峠道等を合計300キロ以上走行したら身体が痛くなってひどい目にあいました(^_^;)。これからも長く乗り続けるにはノーマルシートでは辛いので、シートを換えるか検討中です。
  • 初期はコツコツと硬いイメージがありましたが、ある程度の段差以外は気にならなくなりました
  • 長距離は疲れる。ハンドルが遠いくせに尻下がりのシートなので足の付け根の曲がりが深くなり足が疲れます。楔形のクッションを強いて座面の傾斜を減らしてしのいでます。
  • 路面の段差の突き上げが結構気になります。バネのストロークが短いのとタイヤの空気圧が高いことにより、許容以上の上下動を越えるとパンクしたのかと思うくらいガタンと突き上げが来ます。価格から見て仕方ないとも言えますが、長距離や舗装の痛んだ道ではストレスを感じます。
  • 予想したよりよく、買い物や街中の走行には十分
  • 1~2人の乗車では問題なし、とても快適に走れます。しかし、4人乗車になると挙動に乱れが生じやすく、凸凹道では簡単にバンプタッチしてしまう。
  •  

      ミライースの燃費について

     

  • 1000キロを超えて平均19.8キロ。主に、市内中心の走行ですから、無茶なアクセルはふまない。
  • 勤務先(往復約10キロ)まで走るときは夏場は13~14㎞、冬場は9~12㎞です。高速道路では22~25㎞、信号の少ない道路では20~26㎞走ります。
  • 現在、平均燃費22キロくらい
  • 走り方で燃費は大きく変動する車です。郊外に行けばリッター20㎞台は確実。市街地走行でも悪くない。ただし、チョイ乗りには向きません。自分の場合、通勤・買い物・送り迎いの専用車としての限定使用だったので、夏場リッター16㎞~18.5㎞、冬場リッター13.5~15㎞でした。
  • エコ運転を心がけ、一定速度である程度距離を走れば4WDでも燃費が良い。実燃費23キロ程度。
  • 街中で15~20km/L  高速で25㎞前後、郊外では、30~35km
  • 高速道路25km/l、市街地25km/l、都市部19km/l、山道田舎27km/l、集中して田舎道30km/lがだいたいの私の目安。
  • はじめはエコランを意識していたので平均で26km/l、25Lで750km走ったことも。今は全く意識せず23~25km/l。すごいです。チョイ乗りでは著しく悪化します。15km/lになることも。
  • 渋滞を含む町乗りではあまり数字は出ません。15kくらいです。
  • ※参考 ミライースの実燃費  ミラココアの実燃費

     

      ミライースの価格、値引きについて

     

  • 当サイトの実例値引き額も参考にどうぞ☆
  • 価格が安くて燃費がいいです。
  • 車両価格が控えめで燃費がすごくいい。維持費は普通の車と比べてかなり抑えられるんじゃないでしょうか。
  • 車両価格、維持費の総合的にみて経済的に利用できる車です。
  • 軽自動車なので諸費用が安いのが助かるのとこの車は燃費がすごくいいのでガソリン代も助かります。
  • 経済面で満足しています。コストパフォーマンスはピカイチ。
  • 値段が安い。4WDでSAがついて100万円で購入できた。
  • アシストが5万でつくのはいいですね^^総額100万ちょいですのでコスパは高いです
  • カーナビ・バックモニター・スマートアシストが付き、100万円を少しオーバー
  • 新古車コミコミ85万円。アルトエコもここまで安くならなかったので大満足。
  • 前車ワゴンRの125万円より安く購入でき燃費もかなり良いので満足。
  • 車体価格が安いのも魅力ですがそれ以上の出来を感じます。安っぽさがあまりないのがいいですね。
  • 軽といえ燃費の良さには驚きます、車体の金額も控えめなのでうれしいですね。
  • もっともお得なのは、コストバリューの高いベースグレードの「D」。続いて、安全装備や快適装備が満載の「G」。
  • 本体価格が安くてこれもとてもいいですがオプションをたくさんつけると結構な金額になります。
  • ※参考 ミライースの中古車相場  ミラココアの中古車相場

     

      ミライースの装備について

     

  • 値段が手頃で追突軽減装置がついている。
  •  

      ミライースの維持費について

    ※参考 ミラの維持費

     

      メーカーのセールスポイント

     

  • すぐれたエコと低価格。「イーステクノロジー」を磨き、ガソリン車№1の低燃費35.2km/Lを達成。
  • エコを世の中に広げる身近さを。966,857円
  • 省資源と言う地球へのやさしさを、もっと。
  • より快適な乗り心地。軽の走りを変える「ファン&リラックスドライブコンセプト」。もっと安心して気持ちよく運転できる車を目指して、上下振動が少なく、揺れの収まりも早い。快適な乗り心地を進化しました。さらに各部の吸音材や遮音材を追加し、静粛性も高めました。
  • もしもの事故を防ぐための先進テクノロジー「スマートアシスト」。誰にも身近な車こそ安全に。その考えのもと開発した「スマートアシスト」。渋滞時などで先行車に追突しそうになると、自動で緊急ブレーキを作動。また、壁際などでブレーキと間違えてアクセルを踏んでも急発進しない機能も採用。安心感を大きく高めました。
  • 誤発進抑制制御機能。先行車発進お知らせ機能。VSC&TRC
  • ※参考 メーカーホームページ

     

    >> ミラのカタログ

     

    >> あなたの愛車は今いくら?

     

    その他のミラの口コミ・評価レビュー

    スポンサーリンク

    PAGE TOP

    copyright©2009-2017 ダイハツ ミライース購入サイト! All Rights Reserved
    Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com